【ぎっくり腰.com】〜変形性腰椎症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
gikkurigosi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは腰痛を起こす代表的な疾患、変形性腰椎症について詳しく説明しています。

変形性腰椎症は、中高年の方に起こる腰痛の主な原因となる疾患です。(早ければ20代の方でも発症します)

加齢などが原因で、脊柱の障害はどこにでも起こるようになってくるのですが、中でも最も症状が出やすいのが「腰」です。体重の60%以上もの負担がかかる腰部は、椎間板や椎骨が障害を受けやすい部位なのです。

変形性腰椎症の症状には以下のような症状が挙げられます。
・腰が重い、だるい
・腰に鈍痛がある
・しびれ
・こわばり
症状が進行すると、腰痛がお尻や足の裏側にまで出るようになります。また、体が冷えると症状がひどくなることもあります。変形性腰椎症は、動き続けていると痛みが緩和されていくのが特徴です。

中高年以上になってくると、肩こりや腰痛が出たとしても「年齢のせい」と思いがちです。この為、病院で特に治療をすることもなく症状を進行させてしまう方が少なくないのです。しかし、変形性腰椎症をそのままにしておくと、腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニアなどの深刻な病気を併発してしまうケースがあるのです。腰部脊柱管狭窄症も腰椎椎間板ヘルニアも共に手術が必要になる場合がある疾患です。

変形性腰椎症は初期の段階で治療を始めれば、ヘルニアなどの厄介な疾患を引き起こすこともなく症状を改善することができる病気なのです。症状に気づいたら、すぐに整形外科を受診するようにしてしましょう。


⇒ 腰椎椎間板ヘルニア

⇒ 腰部脊柱管狭窄症

⇒ 腰椎分離症

⇒ 腰椎すべり症

sponsored link



【ぎっくり腰.com】TOP

copyright©2014  【ぎっくり腰.com】〜原因・症状・応急処置と治し方〜  All Rights Reserved